出張専門こしがや鍼灸治療所

 東京・埼玉を中心とした出張専門の鍼灸院です

治療対象

◯ 治療対象

WHO(世界保健機構)で鍼灸の適応疾患として認められたものに以下のようなものが挙げられます。

< 運動器系疾患 >

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、膝関節症、リウマチ、肩こり、五十肩、頚肩腕症候群(首・肩・腕の痛み、しびれ)、むちうち、打撲、捻挫、肉離れ、骨折後遺症、背部痛、肘の痛み、腱鞘炎、ばね指

< 耳鼻咽喉科系疾患 >

耳鳴り、難聴、めまい、メニエール、鼻炎、蓄膿症、扁桃炎、花粉症

< 眼科系疾患 >

眼精疲労、仮性近視、疲れ目、結膜炎、かすみ目、ものもらい

< 循環器系疾患 >

心臓神経症(心悸亢進)、動脈硬化症、高血圧、低血圧、動悸、息切れ

< 呼吸器系疾患 >

気管支炎、咳、喘息、喉頭炎、咽頭炎、風邪

< 消化器系疾患 >

胃腸病(胃炎、胃のもたれ・むかつき、胃アトニー、消化不良、胃下垂、胃酸過多、慢性腸炎)、便秘、下痢、肝機能障害、胆のう炎

< 代謝内分泌系疾患 >

貧血、痛風、糖尿病

< 泌尿器系疾患 >

膀胱炎、尿道炎、前立腺炎

< 神経系疾患 >

各種神経痛、脳卒中後遺症、頭痛、不眠、神経症、自律神経失調症、ノイローゼ、ヒステリー

< 皮膚科系疾患 >

皮膚炎、じんましん、ヘルペス、円形脱毛症

< 婦人科系・その他の疾患 >

更年期障害、生理痛、月経不順、不妊、逆子、冷え性、肌荒れ、むくみ

この他にも、病気ではないが「なんとなく体がだるい、疲れがとれない、イライラする」といった身体の不調も鍼灸で改善します。

東洋医学には「未病治」という考え方があります。未病とは病気になる前の段階のことです。即ち、症状がでる前に治療しておけば悪化しないで済みますよ、という意味なのです。つまり、早め早めの予防が大事なのです。こういったケースにも鍼灸治療は有効なのです。

上記のような“だるい、疲れやすい”といった自覚症状はまだ未病の状態です。この段階で治療しておけばだいじに至らなくて済むのです。

1975年埼玉県生まれ。大学卒業後、会社勤めを経て、鍼灸学校に入り直す。2004年国家資格 鍼灸師を取得。その後、臨床経験を積み、現在に至る。趣味は旅行 サッカー スノーボード。

お気軽にお問い合わせ下さい 090-1855-3678(平日・土日祝10時~22時)

出張地域:東京(中央区 江東区 港区 千代田区など23区)及び埼玉県南東部(さいたま市 越谷 川口 草加 春日部など)