About us

◯ ようこそ

はじめまして。この画面を見ているあなたは、多かれ少なかれ身体の不調を感じているのではないでしょうか?“健康”は万人の願いです。

かつて、私自身も持病のアレルギーがなかなか治らなくて苦しんだ経験があります。しかし、東洋医学に出会ってから、これを克服し、今度は治療する側として、1人でも多くの方々を助けたいと思っております。

○  鍼は痛くない!?

また、世間のイメージとしては、鍼は痛い お灸は熱い、と思っていらっしゃる方が多いと思いますが、決してそんなことはありません。

当治療院で使用する鍼は、直径0,16ミリと髪の毛ほどの細さです。浅く刺しますので、ほとんど無痛です。(鍼は全て使い捨てです。)お灸も無痕灸といって、あとが残らないお灸ですので、ご心配いりません。

ここでお会いしたのも何かの縁、きっとあなたのお役に立てるはずです。一緒に健康な身体づくりを目指して頑張りましょう。

○  人間は自然の一部

東洋医学では、「人間は自然と調和しながら生きている」と考えられています。人間を特別な存在としてみるのではなく、あくまで他の動植物と同じように、大自然にのっとり、生命を育んで いるということを忘れてはなりません。

従って、この調和のバランスが崩れた時に、人は病気になるのです。例えば、1日の生活でいうと、人は朝になると起き、昼に活動し、夜になると眠りにつきます。

これは、太古の昔から自然界のリズムが、人間の身体にもインプットされており、このように生活することが人間にとって自然であるのです。ところが、これに反し昼夜逆転の生活を送ると、自然の調和を乱すことになり、体調を崩すのです。

このように、東洋医学では自然現象を“大宇宙”と考えるならば、人体の生命現象を“小宇宙”と捉えます。そして、この自然現象と人体現象が相応することで、お互いの平衡関係が保たれているのです。

どれだけ文明が発達し、科学が進歩したとしても、人間は常に自然と一体であり、自然に生かされている、ということを肝に銘じておかなければなりません。

◯ 自己紹介

お気軽にお問い合わせ下さい 090-1855-3678(平日・土日祝:10時~22時)

出張地域:東京23区(もちろん上記以外でも伺います。)