出張専門こしがや鍼灸治療所

  鍼灸(はり・きゅう)専門の出張治療院です

めまい 耳鳴り メニエール

◯ めまい 耳鳴り

“めまい”は、主に内耳にある平衡感覚をつかさどる三半規管でおこります。“耳鳴り”は同じく内耳の聴覚をつかさどる蝸牛の異常でおこります。

東洋医学的には、原因は「ストレス・気血不足・水毒」などが考えられます。

・ストレス・・・精神的なイライラやすぐにカッとなるなどの感情の高ぶりは、五臓では主に肝の気が停滞して熱を持ち、これが上に上昇して、頭にくると、めまいや耳鳴り 頭痛などを引き起こします。怒りや不安感への対処法を身につけ、ストレスを軽減することが大切です。

・気血不足・・・胃腸虚弱や慢性疲労のため、気血の生成が低下すると、栄養が脳にも行き渡らなくなり、めまいや耳鳴りが起きます。特に、息切れがして、目の前が暗くなってフラフラと倒れそうになる、いわゆる立ちくらみタイプは気血不足が原因です。しっかりと休息をとり、栄養のあるものを食べましょう。

・水毒・・・冷たい物の飲みすぎや水分の摂り過ぎにより、体内の水分が過剰状態になると、これが内耳のリンパ液にも影響し、めまいが起こります。特にメニエール病は、リンパ液の圧が上昇しておこると考えられているので、水毒が関係していると思われます。冷たいものはなるべく避け、水分の摂り過ぎに気をつけましょう。

従って、上記に紹介したツボを鍼灸で刺激することにより、耳の周りや頭部の気血水の循環が良くなり、症状が改善します。また、耳は腎と深く関係していて、年齢と共に腎が弱ると、耳鳴りや難聴などの症状が起きやすくなります。腎を強化することが重要となってきます。

さらに、首や肩、背中の凝りをとることも重要です。その他に、足の親指の裏側は、脳と関係が深い場所なので、よくもみほぐすことで、脳の血液循環が良くなり、めまい・耳鳴りが軽減します。

○ めまい 耳鳴りによく効くツボ

出張専門 こしがや鍼灸治療所 めまい 耳鳴り

・角孫(かくそん)・・・耳の上の髪の生え際。

・聴宮(ちょうきゅう)・・・耳の穴の前のくぼみ。

・頭竅陰(あたまきょういん)・・・耳の穴から耳たぶを隔てた後ろ。

・翳風(えいふう)・・・実際は、耳たぶに隠れているところで、頭蓋骨のすぐ横の大きなくぼみ。他に、高血圧による倦怠感や頭痛、頭重などにもよく効く。

出張専門 こしがや鍼灸治療所 めまい 耳鳴り

・天柱(てんちゅう)・・・後頭部、盆の窪の左右に走る太い筋肉の外側。他に頭痛や肩こりにも効果あり。

・風池(ふうち)・・・天柱からやや上で指1本分外に行った所。カゼの特効穴。片頭痛、不眠などにもよく効く。

 

出張こしがや鍼灸治療所 めまい 耳鳴り

・腎兪(じんゆ)・・・第二腰椎の突起の下、脊柱の左右外側1,5寸のところ。腰痛や耳鳴りなどによく効く。

 

 

出張専門こしがや鍼灸治療所 耳鳴り めまい

・太衝(たいしょう)・・・足の親指と第二指の間を甲に沿ったところ。肝経の兪土穴、原穴でもあり、特にストレスでイライラしている時などはここを押すと良い。

 

上記の他に、頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)なども効果があります。

○  メニエール病とは?

めまいとともに、耳鳴りや難聴といった症状を伴います。フランスの医師メニエールによって、報告されたのでその名がつきました。それまでは、めまいは全て脳に障害があるために起こると考えられていました。ところが、脳だけでなく、内耳の障害でもめまいが起こることが分かったのです。水毒の他に、季節の変わり目や気温の激しい時など自律神経のバランスが崩れやすい時も要注意です。

お問い合わせはこちらから

*
*
* (公開されません)

1975年生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、会社勤めを経て、鍼灸学校に入り直す。2004年国家資格 鍼灸師を取得。その後、臨床経験を積み、現在に至る。趣味は旅行 サッカー スノーボード。

お気軽にお問い合わせ下さい 090-1855-3678(平日・土日祝:10時~22時)

出張地域:東京・埼玉(もちろん上記以外でも伺います。)